女性の性欲

MENU

お酒と女性の性欲

昔からお酒と性欲には関係があるとされてきました。特に女性の場合は、深く関係しているといわれています。ではどうしてお酒を飲むと性欲が高くなるのか?ということについて詳しく調べてみましょう。

 

お酒を飲むと

お酒を飲むことで美味しい、楽しいと感じるという人も多いと思います。この状態にあるということは、交感神経の働きから心拍数が上昇します。そして、快感物質であるドーパミンが分泌が行われます。お酒の力によって気分が高揚するようにできているのです。

 

気分の高揚から

気分が高揚するとどうなるのでしょうか?脳の視床下部という部分が刺激されます。この部位が食欲や性欲を司っている部分なのです。つまりここが刺激されるということは、当然ながら性欲が高まるようになるのです。興味深いことに性欲中枢と食欲中枢は、とても近いところにあります。そのためにどちらか一方が満たされることで、もうひとつの欲求は満たされることがわかっています。

 

酔うと性欲がアップする理由

お酒を飲んで、楽しい、気が大きくなるという刺激が、性欲をつかさどるところを刺激するということがわかりました。これがお酒を飲むと性欲が高くなるといわれている所以です。科学的な証拠があるのです。

 

アルコールはホルモンを増やす

アルコールは、女性の体内で男性ホルモンであるテストステロンの生成量が増加させます。もともと男性ホルモンのテストステロンは、女性の体内でもあるものです。でもこのホルモンは、アルコールの摂取で増えていくのです。男性的になる、つまり肉食的なモードになるようになるのです。この効果ともいえる現象は個人差によって現れ方が違います。そのために一概にすべての人に当てはまるとは言えません。

 

お酒を飲むタイミングにもよる

お酒を飲んだからといって、いつも性欲が高くなるわけではないことを覚えておきましょう。たいていの場合は。生理などの周期に関係していることが多いのです。お酒を飲むタイミングが排卵日の近くであるならば、性欲も高まりやすい状態にもともとなっているうえに。お酒の力もあって性欲が高まるといわれています。もちろんそのときの体調などにも大きく影響されるものです。
お酒を飲むと性欲が高くなるというのは、科学的にも実証されていることなのです。女性はお酒を飲むタイミングなどで、気分が大きく左右されるということを覚えておきましょう。