女性の性欲

MENU

男女の性欲の違い

男性と女性では性欲に関する違いがあります。この違いを理解するのであれば、パートナーに対してより守備よく対応できるようになることでしょう。ここでは男女の体のつくりの違いや、男女の考え方の違いなどについて詳しく迫っていきます。

 

性欲の強さの違い

男性は女性よりもセックスのことをよく考える といわれています。60歳以下の大多数の男性は、最低1日1回セックスのことを考えるようです。しかし女性はその4分の1しか考えないとされています。どのくらいの頻度でセックスについて考えているかに対しても、かなりの違いがあります。

 

性癖の違い

女性の性癖は男性よりも複雑であるといわれています。たとえば、男性の場合は比較的単純に性的欲求から性的興奮、オルガスムにつながります。しかし女性の場合は、ちょっと複雑です。性的欲求と性的興奮は必ずしもこの順番ではなく、性的欲求などなくても性的に興奮するはでき、その反対も可能なのです。つまり女性の場合は、身体の反応と心の反応は、ほとんど別物であるといえます。

 

オーガズムを経験する割合

男性はセックスの間、75%の確率で絶頂感を経験するといわれています。しかし女性は25%であることがわかっています。つまり女性の場合、自分の性的な欲求を満たすためだけに、パートナーとの関係を求めているのではないことがわかります。

 

キスに関しての欲求

キスに関する男女の意見の違いは、とても顕著に現れます。男性の場合は、セックスにキスが必要とは考えていません。その一方でケンカ状態になったとき、男性は女性の気分をなだめるためにキスをしようとします。その反対をいくのが女性です。 ほとんどの女性がキスのないセックスはしたくないようです。ケンカ後に仲直りの印としてキスは、ごまかされたと感じるようで、あまりいい気分ではないという人が多いのです。

 

脳のつくりの違い

女性は月に1度排卵があり、それを司る機能が女性の脳にはあるが、男性の脳にはありません。こうように生殖機能において、男女の脳には違いがあることがはっきりとわかります。男性の考えると性欲と女性が考えると性欲には大きな違いがあることがわかります。男性の場合は子孫を残すという本能と性欲という考えが一緒に近いといえます。しかし女性の場合は、本能と考えは別々であるということが言えます。
男女のつくりの違いのために、性欲に関する違いも生じます。パートナーのことを真剣に考えるのであれば、この違いを受け入れましょう。